当院のポリシー

不必要な検査や投薬はできる限りしないことを当院の診療ポリシーとしています。 発売したばかりの薬は高価で、副作用の頻度も不明です。 できる限り安価で安全な薬を処方します。漢方薬も積極的に取り入れています。 患者さん全員に対して強い静脈麻酔を用いて完全に眠っている間に内視鏡検査を行う医療機関がありますが、それは技術の未熟さをごまかすためだと私は考えます。 当院は最小限の麻酔でできる限り苦しくないように丁寧に内視鏡検査を行うことをポリシーとしています。 本来不必要である胃底腺ポリープに対する生検や、大腸の小さな過形成性ポリープの切除は原則として行いません。 また当院ではスコープの洗浄消毒はもちろん、生検鉗子やポリープ切除に使うスネアはディスポーザル(使い捨て)の物を用いて衛生面に最大限配慮しています。